sgfoaeraer | 日記 | 男性ホルモン(性ホルモン)を直接体内に取り入れて精力(性欲)や勃起を促進するための薬です

商品やサービスからちょっとした喜びを感じ取っていただければ幸いです。

Top >  日記 > 男性ホルモン(性ホルモン)を直接体内に取り入れて精力(性欲)や勃起を促進するための薬です

sgfoaeraer の日記

男性ホルモン(性ホルモン)を直接体内に取り入れて精力(性欲)や勃起を促進するための薬です

2017.04.14

強精剤は、男性ホルモン(性ホルモン)を直接体内に取り入れて精力(性欲)や勃起を促進するための薬です。

だから、強精剤には男性ホルモンを上昇させる成分が配合されているのではなく、男性ホルモンそのものが配合されています。

男性ホルモンが精力低下の原因・勃起力低下の根源であるなら、「男性ホルモンを直接外部から取り入れればいいじゃん」という発想が強精剤になります。

精力の源である男性ホルモンが体内で増えるわけだから、精力アップに繋がり、勃起力が高まり、シアリス 通販射精時の快感といったように男の性の悩みに対して多くのメリットがあります。

かなりスマートな考え方で、理にかなっていますが、人間はそんな単純な作りになっていないので、強精剤にも問題はあります。

本来、男性ホルモンは人間の身体(睾丸など)で分泌されるものですが、生殖器官の衰えや老化によって20代30代の頃のような量を分泌できなくなります。

つまり、男性ホルモンは自分の身体で作るもので、強精剤で補うような仕組みではないんです。

強精剤のリスクや問題点のポイントはココにあるんです。

それでは、強精剤を使用する前に絶対に知って起きた”常識”を紹介していきます。
男性ホルモンの分泌量は年齢と共に低下していく!

dannseihorumonnenreiteika

これは液中の男性ホルモンの量を測定した年齢別のグラフです。

歳を取るにつれて明らかに血液中の男性ホルモンの量は減ってきているのがわかります。

男性ホルモンの低下と老化については「【中年オトコ必読】男性ホルモンのお話」のページで詳しく紹介しています。

男性ホルモンは威哥王精力や勃起を車とすればガソリンのようなもので、男性ホルモンなしには動くことはありません。

そのため、歳をとっていくと精力や勃起のトラブルが起こりやすくなってしまうんです。

強精剤を知る上で、このカラクリだけは頭に叩き込んでおきましょう。
強精剤は男性ホルモン補充療法の1つ

男性ホルモンの量が低下した男性に有効的な治療が男性ホルモン補充療法です。

実は、強精剤はこの男性ホルモン補充療法の1つなんです。

男性ホルモン補充療法は大きく別けて3つあり、「強精剤を飲む」「強精剤を塗る」「強精剤を注射する」に別れています。

要はどうやって男性ホルモンを身体に取り込むかっていう違いで、この方法が違うと効果やリスクが大きく変わってきます。

注射で男性ホルモンを補う方法は病院でしか行えず、男性ホルモン量がかなり低下している場合に行われます。普通に考えればわかりますが、これは素人が自分で行うことはできません。

医者の判断で病院でやってもらう他ありません。

だから、一般的に強精剤と言われているものは「飲むタイプ(錠剤系)」か「塗るタイプ(軟膏系)」の2択になります。

薬局や通販で購入して、自宅で使えるのもこのどちらか。

強精剤は飲むタイプと塗るタイプの2つがあることを覚えておきましょう。

日記一覧へ戻る

【PR】  アロマリラクゼーションハウス Delight...  癒しの山本 (リラクゼーション整体)  指泉堂  CHIDOフェイススキンシャル MAKI  F・M・R 進路・学習指導塾