sgfoaeraer | 日記 | 強精剤の成分は冒頭でも説明したとおり男性ホルモンです

商品やサービスからちょっとした喜びを感じ取っていただければ幸いです。

Top >  日記 > 強精剤の成分は冒頭でも説明したとおり男性ホルモンです

sgfoaeraer の日記

強精剤の成分は冒頭でも説明したとおり男性ホルモンです

2017.04.14

主成分はテストステロン(男性ホルモン) 強精剤の成分は冒頭でも説明したとおり男性ホルモンです。 その男性ホルモンの中でもテストストロンと呼ばれるホルモン物質を使用して作られています。 男性ホルモンはホルモン物質の総称で、男性ホルモンの95%を占めているホルモン物質がテストストロンです。 もはや、男性ホルモン=テストステロンと言っても間違いではありません。 テストステロンとメチルテストステロンの違い 強精剤の成分はテストステロンですが、商品の成分表を見ると「メチルテストステロン」と記載されています。 シアリス 通販何となくテストステロンと関係している成分というのは察しがつくと思います。 その通りで、メチルテストステロンとはテストステロンをメチル化した物質になります。メチル化とは簡単に言ってしまえば、壊れにくいように加工した状態。 普通のテストステロンを直接体内に取り入れたとしても、肝臓が分解してしまうので、すぐにテストステロン自体が壊れてしまい活躍してくれないんです。 そこでメチルテストステロンにして肝臓で分解しにくい状態にして、壊れないまま体内でキープさせているんです。 強精剤の中でも飲むタイプはメチルテストステロンを使用している場合がほとんどです。塗るタイプに比べて体内の吸収時に分解されやすくなるので、メチルテストステロンを使用していわけです。 威哥王塗るタイプの強精剤は普通のテストステロンの場合もあれば、メチルテストステロンを使っている商品もあります。 塗るタイプには局所麻痺剤が含まれている! 塗るタイプの強精剤にはテストステロン(メチルテストステロン)の他に局所麻痺の成分も含まれている場合があります。 アミノ安息香酸エチル プロカイン塩酸塩 ジブカイン塩酸塩 こられ成分は皮膚の感覚を麻痺させる効果があります。 塗るタイプの強精剤の場合、テストステロンを皮膚から吸収するだけでなく、麻酔成分を含ませることで早漏を防止することもできるんです。 これは飲むタイプの強精剤にはないメリットで、「精力や勃起が低下しておきながら、いざ始まると早漏・・・」という悩みの人にはかなり使い勝手の良い強精剤なんです。 飲むタイプには精力原料(生薬)も含まれている! 強精剤の商品にもよりますが、テストステロンだけでなく精力原料(生薬)が含まれているものもあります。 ニンジンエキス イカリソウエキス トシシエキス など生薬の種類は商品によって様々ですが、テストステロンによって男性ホルモンを増やすだけでなく、血管拡張やストレス緩和などの役割で含まれています。 より勃起に働きかけるように生薬が配合されていますが、人によってはテストステロンだけの方が効果的な場合もあるので、こればかりは使用してみないと判断できません。 強精剤と精力剤の違い 強精剤と精力剤は男性ホルモンを高めるという意味では一緒ですが、考え方の根本が違います。 強精剤は男性ホルモンを外部から取り入れるための商品で、精力剤は男性ホルモンを身体の内部で分泌させるための商品です。 ないなら取り入れよう(強精剤ないなら作ろう(精力剤) どちらも男性ホルモンを増やすには有効的な方法ですが、管理人は根本的な部分は精力剤でしか解決できないと思います。だからこそ、強精剤は使用したことがありませんし、今後使用することもないです。 そもそも、男性ホルモンは本来、自分の体で分泌されるものです。 それを分泌量が少なくなったから強精剤で外部から取り入れるというのは、精力や勃起に関する悩みの根本的な解決にはなってません。 確かに老化によってその分泌機能が低下してしまったら、どうしようもありません。しかし、一度も分泌機能を高めようとせずに、いきなり強精剤に手をだすのは順序が違いです。 あくまでも強精剤は最終手段だと思ってた方がいいです。

日記一覧へ戻る

【PR】  長居カイロプラクティック整体院  ポスト工務店  アサイクリニック  北九州行政書士事務所  みよし接骨院